市場ニュース

戻る
2016年02月16日13時57分

【材料】ヒューリック続急伸、インバウンド取り込みマイナス金利の追い風も強力

ヒューリック 【日足】
多機能チャートへ
ヒューリック 【日中足】

 ヒューリック<3003>が続急伸、25日移動平均線との下方カイ離を埋めるとともに1000円大台回復を目前にとらえている。

 同社は賃貸や分譲など不動産投資事業を展開する。15年12月期は新規物件の竣工稼働などで賃料拡大が利益を押し上げ、経常利益は前の期比24%増と大幅な伸びを確保した。また、16年12月期は前期に竣工したビルに加えて、米系ファンドから取得した不動産の収益寄与が見込まれ、経常利益は連続2ケタ増益で過去最高更新が続く見通しだ。インバウンド需要をとらえ観光事業にも注力する構えで、宿泊主体型ホテル事業の開発に重点を置いている。

 きょうから適用されたマイナス金利に伴い、有利子負債の負担軽減や資金調達コストの低下が株高期待につながる。また、日銀の追加緩和姿勢を受けた住宅ローン金利の引き下げも他の不動産株同様に追い風環境をもたらす。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均