市場ニュース

戻る
2016年02月16日11時42分

【材料】マーケットエンタープライズ---第2四半期は過去最高の業績に

マーケットE 【日足】
多機能チャートへ
マーケットE 【日中足】


マーケットエンタープライズ<3135>は12日、2016年6月期第2四半期(15年7-12月)決算を発表。売上高が23.40億円(前年同期比130.4%)、営業利益が0.87億円(同183.4%)、経常利益が0.87億円(同185.1%)、四半期純利益が0.53億円(同193.9%)だった。第2四半期累計期間として、過去最高の業績となった。

リユース市場においては、引き続き「低価格志向」「かしこい消費」への消費者意識の高まりに加え、「シェアリングエコノミー」の思想が徐々に浸透しており、商品の購買活動にあたって当該商品の売却を考えて購入している消費者が特に若年層に多く見られるようになっており、この意識変化がリユース市場成長の一つの要因となっている。

また、EC市場においては、タブレットやスマートフォンといったスマートデバイスの普及により、インターネットサービスの利用が拡大し、インターネット上で商品・サービスを購入することがより普遍化しており、その規模が拡大している。

16年6月期通期については、売上高が前期比31.6%増の52.50億円、営業利益が同34.6%増の3.20億円、経常利益が同41.3%増の3.21億円、当期純利益が同46.3%増の2.00億円とする期初計画を据え置いている。同社の事業特性上、転居に伴う商品の買い替えや、商品の新規購入等のニーズが高まる第4四半期(4-6月)に買取依頼、販売が集中する結果、第4四半期の収益性が高くなる一方で、第2四半期累計期間(7-12月)は売上高が減少し、それに伴い利益が出づらい傾向にある。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均