市場ニュース

戻る
2016年02月16日09時49分

【材料】カルナバイオ---2015年12月期は大幅な黒字転換、創薬事業の導出契約が寄与

カルナバイオ 【日足】
多機能チャートへ
カルナバイオ 【日中足】


バイオベンチャーのカルナバイオサイエンス<4572>は12日、2015年12月期の通期決算を発表した。連結業績は、売上高が前期比156.5%増の15.69億円、営業損益が4.72億円の黒字(前期は6.34億円の赤字)、経常損益が4.92億円の黒字(同6.07億円の赤字)、純損益が4.56億円の黒字(同8.46億円の赤字)と各損益で大幅な黒字転換となった。

創薬事業において免疫疾患分野の医薬品候補化合物を米ジョンソン・エンド・ジョンソンの医薬品子会社に導出し、契約一時金を売上計上できた。創薬支援事業では、小野薬品<4528>との大規模スクリーニングサービス契約が売上増に寄与するとともに、キナーゼたんぱく質の販売も北米を中心に拡大した。

2016年12月期の業績予想は、創薬事業の予想数値の公表が導出活動における阻害要因として作用するため全社数値としては公表していない。創薬事業の予想を除いた創薬支援事業のみの業績予想は、売上高が前期比10.0%減の8.58億円、営業利益が同22.4%減の3.20億円を見込んでいる。

同日付で中期経営計画も公表され、創薬事業では、前臨床試験を推進するとともに、複数のパイプラインの導出を目指すとした。さらに、自社で臨床試験を実施するための体制を構築するとした。創薬支援事業では、年間10億円の売上を目標に、欧米でのシェア拡大を目指す。

また、同日、米国サウスサンフランシスコに米国の創薬研究拠点として、「C-Lab」を開設したと発表した。米国における先進的な大学・研究機関との連携が目的としている。

同社は、キナーゼ阻害薬を研究開発するバイオベンチャー。キナーゼタンパク質に関する製品の販売・サービス提供も展開。製薬企業等の研究機関向けに創薬支援事業を展開するほか、自社でも創薬を手掛ける。キナーゼに関する創薬基盤技術が強み。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均