市場ニュース

戻る
2016年02月15日17時59分

【為替】あすの為替相場見通し=114円台意識の一進一退展開も

 今晩からあすにかけての外国為替市場のドル円相場は、114円ラインを意識しながらの一進一退の展開となりそうだ。予想レンジは1ドル=113円20~114円50銭。

 前週末の海外市場でNYダウが大幅高となったことを受け、週明け15日の東京株式市場は日経平均株価が1000円強の上昇と急騰。リスクオフ姿勢が後退したことから、ドル円相場も一時114円台に乗せた。ただ、夕方の欧州時間に入り113円台後半にやや軟化した。

 今晩のニューヨーク市場はプレジデンツデーのため休場。あすの東京株式市場の動向が為替相場を左右しそうだが、日経平均急反発後だけにやや一服気分も出そうだ。こうしたなか、あすの為替相場は114円ラインを挟んだ広いレンジでのもみ合い相場が予想される。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均