市場ニュース

戻る
2016年02月15日16時19分

【材料】セーラーの16年12月期、強みを生かした製品を市場に積極投入し黒字転換を見込む

セーラー 【日足】
多機能チャートへ
セーラー 【日中足】

 セーラー万年筆<7992>は15日引け後、16年12月期の連結業績について、売上高は前期比1%増の61億8000万円、営業損益は8000万円の黒字の見通しと発表した。同社の得意分野、競争力を持った分野に経営資源を集中していくことで、売り上げの向上を目指すとともに、引き続き原価低減プロジェクトに取り組むとともに、同社の強みを生かした製品を市場に積極投入して、収益の向上を目指す方針。

 同時発表の15年12月期連結決算は、売上高は前の期比0.9%減の61億1700万円、営業損益は4700万円の赤字(前の期は9100万円の赤字)で着地した。文具事業で法人ギフト市場の低迷を打開できず売上計画に到達できなかった事に加え、ロボット機器事業は競争の激化や部品価格の上昇などにより利益率が低下した事が響いた。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均