市場ニュース

戻る
2016年02月15日14時00分

【市況】14時時点の日経平均は先週末比953.78円高、三井住友、野村、三井不が先週末10%超上昇


14時時点の日経平均は先週末比953.78円高の15906.39円で推移している。後場の高値は13時31分の15970.57円、安値は12時30分の15678.79円。先物への買戻しのほか、大型株を中心に買いが入っており日経平均は後場一段高。一時上げ幅1000円超まで拡大するなど昨年9月9日以来の上昇幅となっている。なお、REIT指数も7営業日ぶりに大幅反発。

売買代金上位銘柄では、三井住友<8316>、パナソニック<6752>、野村<8604>、三井物産<8031>、東京海上<8766>、三井不<8801>が先週末比10%超上昇している。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均