市場ニュース

戻る
2016年02月15日12時00分

【材料】ブリヂストン、米系証券は米市販タイヤの数量・ミックス改善や原油安メリット顕在化に着目

ブリヂストン 【日足】
多機能チャートへ
ブリヂストン 【日中足】

 ブリヂストン<5108>が急反発。買い気配で始まり、その後も上げ幅を拡大。現在は5日移動平均線を回復しており、前引けは高値引けとなった。

 ゴールドマン・サックス証券では、短期収益は暖冬影響でコンセンサス並みに留まるものの、年後半にかけては、米国市販タイヤの数量・ミックス改善、原油安メリットの顕在化が同社株を牽引すると予想。米国SAARの成長率が鈍化するタイミングで、保有台数ベースのタイヤ市場の底堅さが選好される可能性が高いとみて、株価下値余地は限定的と解説。

 レーティングを「中立」から「買い」に、目標株価を4600円から4700円に引き上げている。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均