市場ニュース

戻る
2016年02月15日07時20分

【市況】NY金先物週間見通し:伸び悩みか、欧米株高で安全逃避の買い縮小も


■NY金先物
安値:1,164.50ドル
高値:1,263.90ドル
終値:1,239.40ドル
前週末比(騰落率):7.06%

■上昇、米3月利上げ観測後退や株安で安全逃避の買い強まる

NY金先物は上昇。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長が金融環境のひっ迫を指摘し、米3月利上げ観測はさらに後退。安全資産である金の需要は急増。ただし、1月米小売売上高の上振れを意識して、12日の取引では利益確定を狙った投資家の売りが活発となり、金先物の上昇は一服した。


■伸び悩みか、欧米株高で安全逃避の買い縮小も

想定レンジ:1,180.00~1,280.00ドル

NY金先物は伸び悩みか。原油先物の上昇はプラス材料となるが、欧米株高や米長期金利の上昇は売り材料となる。原油先物の反発を好感して欧米諸国の株高が続いた場合、ドル高の相場展開も予想されることから、リスク回避的な金買いは縮小する可能性がある。

《TN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均