市場ニュース

戻る
2016年02月12日12時48分

【材料】ベネッセHD、国内大手証券が進研ゼミは個人情報漏洩事件前の状態に着実に戻りつつあるとの見方

ベネッセHD 【日足】
多機能チャートへ
ベネッセHD 【日中足】

 ベネッセホールディングス<9783>が反落。プラスで推移する場面があったものの、弱含みの展開となっている。

 大和証券は、同社の16年3月期第3四半期累計の実績について、会社計画に対し、売上高は未達であったものの、国内教育カンパニーが想定を上振れた結果、営業利益は上回って着地したとリポートで解説。マーケティング施策含め、主力の進研ゼミは個人情報漏洩事件前の状態に着実に戻りつつあるとの見方で、レーティングを「4」(アンダーパフォーム)から「3」(中立)へ格上げし、目標株価は2670円から3490円へ引き上げている。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均