市場ニュース

戻る
2016年02月12日10時30分

【材料】飛島建が3日続落、16年3月期業績予想を上方修正も全般相場悪化に連れ安

飛島建 【日足】
多機能チャートへ
飛島建 【日中足】

 飛島建設<1805>が3日続落で連日の昨年来安値更新。10日の取引終了後、16年3月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の1190億円から1210億円(前期比2.0%増)へ、営業利益を44億円から56億円(同70.4%増)へ、純利益を33億円から44億円(同79.7%増)へ上方修正したが、全般相場悪化に連れ安する形で売り優勢となっている。

 上方修正は、工事の進捗などに伴い売上高が増加するのに加えて、工事採算性の向上とそれに伴う完成工事総利益の増加が要因としている。なお、同時に発表した第3四半期累計(15年4~12月)決算は、売上高859億3000万円(前年同期比1.2%減)、営業利益47億6900万円(同94.7%増)、純利益37億6200万円(同96.4%増)だった。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均