市場ニュース

戻る
2016年02月12日07時38分

【材料】パンチ工業<6165>---中国事業では経済成長減速も第3四半期累計では増収を確保

パンチ 【日足】
多機能チャートへ
パンチ 【日中足】


パンチ工業<6165>は9日の13時に16年3月期第3四半期(4-12月期)決算を発表している。売上高は前年同期比8.5%増の274.58億円、営業利益は同3.6%増の15.5億円、経常利益は同7.0%減の13.04億円、最終利益は同15.3%減の9.15億円で着地している。

日本では自動車、精密機器が堅調に推移したほか、食品・飲料関連が伸長したこともあり、前年同期を上回る売上となった。中国では経済成長の減速が自動車などにおいて顕在化したものの、第3四半期累計では前年同期を上回る売上を確保。なお、利益面に関しては、研究開発投資などによる販管費の増加はあったものの、売上増加による利益増が奏功した。

通期計画に関しては、売上高を前期比7.6%増の370.0億円、営業利益を同16.0%増の20.0億円、経常利益を同17.5%増の19.0億円、最終利益を同9.4%増の13.0億円と増収増益を見込んでいる。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均