市場ニュース

戻る
2016年02月11日09時24分

【経済】中国人の「爆買い」:日本は継続、豪などは大幅縮小


春節(旧正月)休暇を利用して海外へ出かける中国人旅行者は今年も前年から大幅に増加している。最近の買い物傾向について、大量な物買い込む「爆買い」にやや変化がみられている。

日本での爆買いが継続している一方、オーストラリアなどでの買い物が冷静になっていると報じられた。日本の爆買い継続について、日用品など品質が高くて値段が値ごろであることが挙げられている。今年の訪日中国旅行者数は約600万人になると予測され、タイに続いて人気の旅行先2位になる。

一方、オーストラリアの小売業者によると、今年の売上高は前年を大幅に下回る見通しだという。高級毛皮などに対する需要が減少しているほか、健康食品などの売り上げも伸び悩んでいると報告されている。オーストラリアなどに訪れる旅行客が引退後の高齢者から若年層に徐々に切り替えているほか、若年層がインターネットを通じて事前に価格を調べていることなどが以前の爆買い行動を後退させているもようだ。

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均