市場ニュース

戻る
2016年02月11日07時37分

【為替】NY為替:ドル・円は113円34銭、FRB議長が利上げペース減速の可能性示唆でドル下落


 10日のニューヨーク外為市場でドル・円は、115円20銭から113円12銭まで下落し113円34銭で引けた。イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が米下院金融サービス委員会での証言で、FRBは「経済が緩やかなペースでの利上げに限定し正当化する」と予想しているものの、「金融状況がこれまでに比べて支援的でなくなった」として、「金融の引き締まりが長期化した場合、見通しを圧迫する可能性もある」と慎重な見通しを示した。このため追加利上げペースが一段と遅くなるとの見方が強まり、ドル売りに拍車がかかった。


 ユーロ・ドルは、1.1161ドルまで下落後、1.1299ドルまで上昇し、1.1294ドルで引けた。ユーロ・円は、129円62銭から127円74銭まで下落した。株安に連れたリスク回避の円買いが強まった。


 ポンド・ドルは、1.4572ドルから1.4449ドルまで下落。ドル・スイスは、0.9820フランから0.9717フランへ下落した。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均