市場ニュース

戻る
2016年02月10日09時56分

【材料】エンシュウが反発、第3四半期累計は営業黒字に、10~12月期の営業利益は1億9800万円

エンシュウ 【日足】
多機能チャートへ
エンシュウ 【日中足】

 エンシュウ<6218>が7営業日ぶりに反発。前日には昨年来安値を更新していたこともあり、今日は自律反発狙いの買いや、値ごろ感からの買いが入っているようだ。

 同社は9日引け後、16年3月期第3四半期累計の連結決算を発表した。売上高は187億6700万円(前年同期比15.6%減)、営業損益は2億6300万円の黒字(前年同期は9700万円の赤字)となった。第2四半期累計の営業利益は6500万円だったため、第3四半期(15年10~12月)の営業利益は1億9800万円となり、業績の回復基調を評価した買いが入っている可能性もある。

 工作機械関連事業部門および輸送機器事業部門ともに減少したことで連結売上高は減収となった。ただ、工作機械関連事業部門では、中国向が減速、アセアン向も低迷しているものの、国内および欧州が減少分をカバーした。また、プロジェクト毎の採算管理を徹底したことにより同事業のセグメント利益(営業利益)は大幅増益となった。輸送機器関連事業部門の営業損益はベトナム現地法人の損益改善もあり、4700万円の赤字(前年同期は2億8200万円の赤字)と、赤字幅が縮小した。

 同時に16年3月期通期の連結業績見通しについて、売上高のみ従来予想の290億円から270億円(前期比10.1%)減へ引き下げられた。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均