市場ニュース

戻る
2016年02月09日20時12分

【経済】サウジアラビアも緊急会合に前向きな姿勢!?サンワード貿易の松永氏(三井智映子)


こんにちは、フィスコリサーチレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。

サンワード貿易の松永さんのコメントを拝見していたら、産油国の要人に気になる動きがありました。

サウジアラビアのヌアイミ石油鉱物資源相は7日、ベネズエラのピノ石油・鉱業相と原油市場を安定させるための協調手段について協議し、「成果があった」と述べているようです。ピノ石油・鉱業相も「OPECと非加盟国との協力を維持する必要性について協議し、生産的な会合を行った」と述べています。

松永さんによれば『これまで減産に反対の姿勢を続けてきたサウジアラビアが減産に賛成の姿勢を続けてきたベネズエラと「生産的な会合」が行われたことは注目でしょう』とのことです。

サウジアラビアも緊急会合に前向きな姿勢を示す事になれば、原油価格が大きく反応する可能性もありますね。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の2月8日付の前場市場コメントにまとめられているようですので、ご興味があればご覧ください。

三井智映子の「気になるレポート」は各種レポートを三井智映子の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター三井智映子

《NO》

 提供:フィスコ

日経平均