市場ニュース

戻る
2016年02月09日10時21分

【材料】ユニプレスがストップ安ウリ気配、ネガティブサプライズ業績下方修正

ユニプレス 【日足】
多機能チャートへ
ユニプレス 【日中足】

 自動車用プレス大手のユニプレス<5949>が2月8日引け後に16年3月第3四半期の連結決算(15年4~12月)の発表を行った。明けて9日の株価は決算発表の内容を受けて売り優勢、値幅制限いっぱいの500円安、1791円ストップ安ウリ気配となっている。

 SMBC日興証券ではユニプレスの投資評価「2」を継続、目標株価を2900円から2400円に引き下げる内容のリポートをリリースした。第3四半期の営業利益が市場コンセンサスから24%下ブレており、同証券のアナリストは「第一印象はネガティブ」とした。

 日銀マイナス金利導入の副作用で、グローバルに金融株が急落。利ザヤが稼げず、景気も不透明、為替市場の変動も激しくトヨタ自動車<7203>をはじめ好調だった自動車関連株にも陰りが出始めていることが株価に反応している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均