市場ニュース

戻る
2016年02月08日20時00分

【注目】【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (2月8日発表分)


 【好材料】  ――――――――――――

■マルハニチロ <1333>
4-12月期(3Q累計)経常は33%増益・通期計画を超過。

■第一カッタ <1716> [JQ]
今期経常を一転4%増益に上方修正・最高益更新へ。

■東急建設 <1720>
今期経常を23%上方修正・最高益予想を上乗せ、配当も7円増額。

■大林道 <1896>
今期経常を23%上方修正・最高益予想を上乗せ。

■関電工 <1942>
今期経常を18%上方修正。新たな成長戦略を策定。21年3月期に営業利益360億円(16年3月期計画は200億円)を目指す。

■サンテック <1960> [東証2]
発行済み株式数(自社株を除く)の1.80%にあたる36万株(金額で2億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は2月9日から3月24日まで。

■クルーズ <2138> [JQ]
10-12月期(3Q)経常は5%増益。

■サイネックス <2376> [東証2]
アドベンチャ <6030> [東証M]とふるさと納税制度の活発化支援で業務提携。両社が協力してふるさと納税制度の利用を拡大し、地域への送客支援から地方創生に貢献する。

■大光 <3160> [東証2]
1月全社売上高は10.0%増の39.2億円と、今期に入り8ヵ月連続で前年実績を上回った。

■日本管理C <3276>
今期経常は23%増で7期連続最高益、8円増配へ。

■東急不HD <3289>
4-12月期(3Q累計)経常が31%増益で着地・10-12月期も51%増益。

■ケンコーコム <3325> [東証M]
1月の売上高は前年同月比8.6%増の19.6億円だった。

■駅探 <3646> [東証M]
4-12月期(3Q累計)経常は9%増益で着地。JTBパブリッシングと訪日外国人向けに旅行の日程などを提案する新サービスの企画、開発を行うことで基本合意。

■HUG <3676>
防衛庁外局の防衛装備庁から「サイバー攻撃対処技術等に関する動向調査」を受注した。

■Fスターズ <3687> [東証M]
発行済み株式数(自社株を除く)の2.24%にあたる15万株(金額で2億4300万円)を上限に、9日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買い(買い付け価格は8日終値の1620円)を実施する。

■セレス <3696> [東証M]
Android Wear搭載スマートウォッチ向けにウォッチフェイスの配信を開始した。「浮世絵時計-東海道五十三次」など4種類を世界141ヵ国向けにGoogle Playから提供する。

■アドソル日進 <3837> [JQ]
4-12月期(3Q累計)経常が56%増益で着地・10-12月期も87%増益。

■Mラインズ <3901> [JQ]
1月の「自動車情報プラットフォーム」契約数は33社増の1973社となった。

■OLC <4661>
ディズニーランドとディズニーシーの入園料を4月1日付で値上げする。入園料の改定は3年連続で、18歳以上の1日券を現行の6900円→7400円とするなど、ほぼすべての券種で値上げする。

■GMO-AP <4784> [JQ]
今期経常は2倍増で4期ぶり最高益、2期ぶり10円で復配へ。

■EMシステム <4820>
3月31日現在の株主を対象に1→2の株式分割を実施する。最低投資金額は現在の2分の1に低下する。

■ポーラHD <4927>
傘下のACROが展開する化粧品ブランド「THREE」がマレーシアへ進出。海外発のコンセプトショップをオープンする。同ブランドは2013年から海外進出を本格化。海外売上高は前年比50%近い成長が続いている。

■日製鋼 <5631>
今期経常を14%上方修正。

■Nフィールド <6077>
今期経常は57%増で4期連続最高益更新へ。発行済み株式数(自社株を除く)の1.89%にあたる25万株(金額で2億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は2月15日から4月14日まで。

■タツモ <6266> [JQ]
前期最終を46%上方修正・11期ぶり最高益更新へ。

■Jディスプレ <6740>
非開示だった今期営業は4.3倍増益へ。

■ホーチキ <6745>
発行済み株式数(自社株を除く)の14.8%にあたる430万株(金額で46億9130万円)を上限に、9日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買い(買い付け価格は8日終値の1091円)を実施する。

■テクノセブン <6852> [JQ]
発行済み株式数(自社株を除く)の3.66%にあたる50万株(金額で7000万円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は2月9日から8月31日まで。

■タングス <6998> [東証2]
発行済み株式数(自社株を除く)の2.23%にあたる55万株(金額で1億1000万円)を上限に、9日朝の福証の自己株式立会外買付取引で自社株買い(買い付け価格は8日終値の185円)を実施する。

■スクリン <7735>
今期経常を5%上方修正。

■スノーピーク <7816>
今期経常は82%増で2期連続最高益更新へ。

■立花エレ <8159>
発行済み株式数(自社株を除く)の1.54%にあたる40万株(金額で4億6320万円)を上限に、9日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買い(買い付け価格は8日終値の1158円)を実施する。

■第一商品 <8746> [JQ]
第4四半期に厚生年金基金の代行返上で発生する還付金1.3億円を特別利益に計上する。

■東建物 <8804>
前期経常が上振れ着地・今期は5%増益、前期配当を4円増額・今期は実質増配。

■アパマンショ <8889> [JQ]
4月からの電力小売りの全面自由化に向け、子会社がグローバルエンジニアリングと電力供給紹介契約を結んだ。取引先や不動産オーナー、入居者に向け電力供給紹介を行う。

■名鉄 <9048>
株主優待制度を一部拡充。1000株以上保有の株主を対象に、既存の優待に加え太平洋フェリー運賃割引券やロープウェイ運賃割引券などを追加で贈呈する。

■GMO <9449>
今期経常は11%増で8期連続最高益、前期配当増額も今期減配。発行済み株式数(自社株を除く)の1.53%にあたる180万株(金額で22億4000万円)を上限に自社株買いを実施する。また、ドメイン・ホスティング事業を展開するタイのネットデザイングループを子会社化。東南アジアでのインターネットインフラ事業を加速させる。

■NCS&A <9709> [東証2]
発行済み株式数(自社株を除く)の1.40%にあたる30万株(金額で8000万円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は2月9日から7月31日まで。

■アイネス <9742>
第4四半期に投資有価証券売却益4.5億円を特別利益として計上する。

■船井総研HD <9757>
今期経常は6%増で4期連続最高益、実質増配へ。中期経営計画を上方修正。16年12月期に営業利益39億円(当初計画は34億円)を目指す。

■加藤産 <9869>
発行済み株式数の2.49%にあたる95万株(金額で24億7065万円)を上限に自社株TOB(株式公開買い付け)を実施する。公開買い付け期間は2月9日から3月8日まで。買い付け価格は8日終値を12.1%下回る2577円。

 【悪材料】  ――――――――――――

■不動テトラ <1813>
4-12月期(3Q累計)経常が60%減益で着地・10-12月期も65%減益。

■福留ハ <2291> [東証2]
滝沢ハム <2293> [JQ]との業務提携を3月28日付で解消する。

■コメ兵 <2780> [東証2]
4-12月期(3Q累計)経常が9%減益で着地・10-12月期も29%減益。

■バイク王 <3377> [東証2]
1月のバイク販売台数は前年同月比15.7%減と今期に入り2ヵ月連続で前年実績を下回った。

■GMOペパボ <3633> [JQ]
CtoCハンドメイドマーケット「minne」の1月の流通額は前月比9.3%減の5.5億円となった。累計ダウンロード数は前月比6.2%増の469万DL。

■KLab <3656>
前期経常は25%減益で下振れ着地、今期業績は非開示。

■アクロディア <3823> [東証M]
NTTドコモ <9437> との業務提携を解消。ドコモの携帯電話向け技術開発で提携していたが、近年の携帯電話市場のスマートフォンへのシフトを踏まえ、提携を解消する。なお、ドコモは保有する同社株73万株(保有割合5.06%)を売却する方針。

■阿波製紙 <3896> [東証2]
今期経常を一転微減益に下方修正、未定だった配当は1円増配。

■住友精化 <4008>
日触媒 <4114> が同社の高吸水性樹脂を使用した紙おむつが特許を侵害しているとして、製造差し止めと損害賠償金10億円を求める裁判を起こした。

■東和薬品 <4553>
4-12月期(3Q累計)経常が29%減益で着地・10-12月期も52%減益。

■アイダ <6118>
10-12月期(3Q)経常は30%減益。

■ダイコク電 <6430>
連結子会社のパチスロ遊技機製造・販売事業で、販売実績が当初計画を下回ったことに伴い調達済みの専用部材等の評価替えを実施。8.7億円の営業損失を計上する。

■サンケン <6707>
今期最終を92%下方修正。

■船井電 <6839>
4-12月期(3Q累計)経常が赤字転落で着地・10-12月期も赤字転落。

■ホトニクス <6965>
10-12月期(1Q)経常は18%減益で着地。

■スズキ <7269>
今期最終を4%下方修正。

 【好悪材料が混在】 ―――――――――

■いすゞ <7202>
発行済み株式数(自社株を除く)の5.40%にあたる4500万株(金額で600億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は2月9日から3月31日まで。その内、3300万株を上限に、9日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買い(買い付け価格は8日終値の1089円)を実施する。10-12月期(3Q)経常は22%減益。

※2月8日大引け後の発表分を一部抜粋。一部プレスリリースなど含む
[2016年2月8日]

株探ニュース

日経平均