市場ニュース

戻る
2016年02月08日12時53分

【市況】日経平均は55円安で後場スタート、前引け値から若干下げ幅を拡大/後場の寄り付き概況


日経平均 : 16764.09 (-55.50)
TOPIX  : 1364.46 (-4.51)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値から若干下げ幅を広げて始まっている。ランチタイムの225先物は16750-16790円辺りでのもち合いがt付いていたが、現物の後場寄り付き時点では16690円まで下げ幅を拡大させていた。昼のバスケットは売り越しとの観測。円相場は1ドル117円15銭辺りでの推移。

 セクターでは非鉄金属が4%を超える下落となっているほか、ガラス土石、石油石炭、証券、精密、鉄鋼、保険、輸送用機器、電機機器などが冴えない。一方で、海運が2%超の上昇。水産農林、陸運、倉庫運輸、空運、サービスなどが小じっかり。売買代金上位では、トヨタ<7203>、メガバンク3行、日立<6501>、富士重<7270>、ファーストリテ<9983>、ソフトバンクグ<9984>が冴えない。一方で、ファナック<6954>、NTT<9432>、KDDI<9433>がしっかり。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均