市場ニュース

戻る
2016年02月08日12時51分

【市況】今週の注目材料はイエレンFRB議長の議会証言、株価下落リスクは限定的と

 今週2月8日~12日の週は中国が春節で上海市場が休場。米国ではイエレンFRB議長の議会証言が予定されており、米金利引き上げ後の経済見通しと今後の米利上げについて注目されている。

 大和証券では昨年夏の経験をある程度織り込んでいることから、株価下落の下値リスクは限定的とみているようだ。また昨年夏はドルの戻りが鈍かったことで日本株にも影響して出遅れ感があった。

 同証券のデイリーマーケットコメント・リポートでは、「米国株は大統領選挙が佳境を迎えることから3月は上昇する傾向が強く、日本株も1カ月ほど出遅れるので辛抱だ」と解説している。
《MK》

株探ニュース

日経平均