市場ニュース

戻る
2016年02月08日12時41分

【材料】東祥が3日ぶり反発、いちよしがフェアバリューを引き上げ

東祥 【日足】
多機能チャートへ
東祥 【日中足】

 東祥<8920>が3日ぶりに反発している。いちよし経済研究所が5日付で投資判断「A」を継続しつつ、フェアバリューを4500円から5500円へ引き上げたことが好材料視されている。エネルギーコストの削減効果や、ホテル事業の客室単価上昇継続などで、17年3月期の営業利益予想を62億円から64億円へ、18年3月期を同72億5000万円から76億円へ引き上げたことが要因としている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

最終更新日:2016年02月08日 12時43分

【関連記事・情報】

日経平均