市場ニュース

戻る
2016年02月08日10時21分

【経済】米テクノロジー・バブル、すでに崩壊開始か


米ナスダック総合指数は先週5日、前日比3.25%下落し、2014年10月以来の安値を更新。また、ナスダック・インターネット指数(QNET)も5.2%下落し、1日あたりの下落幅は2011年以来で最大となる。

世界最大のビジネスネットワーク・リンクトインはこの日43.6%暴落したほか、フェースブックやアマゾンなども5%以上の下落を示した。

リンクトインのPERは約70倍、アマゾンのPERは400倍以上になっている。リンクトインの株価暴落について、さえない四半期業績のほか、高すぎる株価に対する投資家の恐怖感がピークに達していると指摘されている。また、2015年に急騰した株を中心に投売りが広がっているとの見方も出ている。

米国のテクノロジー・バブルがいつ崩壊することについて、直近数年間市場関係者の間で議論されていた。一部では、テクノロジー・バブルの崩壊がすでに始まっているとの見方も出ている。

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均