市場ニュース

戻る
2016年02月08日09時20分

【市況】日経平均は198円安でスタート、企業業績の先行き懸念なども重石/寄り付き概況


日経平均 : 16620.91 (-198.68)
TOPIX  : 1351.69 (-17.28)

[寄り付き概況]

 日経平均は続落で始まった。注目されていた5日の米雇用統計は、強弱入り混じる結果となり、利上げ観測が強まったものの、円相場は1ドル116円台での推移となり、シカゴ日経225先物清算値は16560円だった。これにさや寄せする格好から幅広い銘柄に売りが先行している。また、決算発表が本格化するなか、企業業績の先行きに対する懸念なども重石になっている。

 セクターでは石油石炭、卸売、非鉄金属、鉄鋼、鉱業、精密機器、海運などが堅調。一方で、不動産、その他記入、銀行、保険、建設、空運、証券、小売、輸送用機器が冴えない。売買代金上位では、トヨタ自<7203>、メガバンク3行のほか、ファナック<6954>、シャープ<6753>、ソフトバンクグ<9984>、ファーストリテ<9983>、富士重<7270>、ホンダ<7267>が冴えない。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均