市場ニュース

戻る
2016年02月05日14時15分

【材料】欧州大手証券、建設と住宅に強気継続、個別では大林組、清水建設、積水ハウス、大東建託を推奨

大林組 【日足】
多機能チャートへ
大林組 【日中足】

 クレディ・スイス証券の住宅・建設セクターのリポートでは、建築費は2015年前半が横ばい、2015年から下落傾向と指摘。建築コストは2015年のピークから1~2%程度下落し、民間工事では労務費の上昇がひと段落していることから、原油価格と鉄鋼価格の下落は短期的に建設会社と住宅メーカーの粗利率改善に寄与すると解説。

 建設セクターと住宅セクターの「オーバーウエイト」を継続。個別では、大林組<1802>、清水建設<1803>、積水ハウス<1928>、大東建託<1878>を推奨している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均