市場ニュース

戻る
2016年02月05日14時01分

【市況】14時時点の日経平均は前日比348.58円安、NTTドコモが切り返す


14時時点の日経平均は前日比348.58円安の16696.41円で推移している。後場ここまでの高値は12時33分の16819.02円、安値は13時12分の16627.80円。後場寄り後、不動産や銀行など大型株にまとまった売りが入ったことで後場一段安となったが、売り一巡は下げ幅をやや縮小している。為替市場では、ドル・円は116円70銭台と目立った動きは観測されず。

売買代金上位銘柄では、メガバンク3行、トヨタ自<7203>、東芝<6502>、マツダ<7261>、三菱地所<8802>、住友不<8830>が弱い。一方、NTTドコモ<9437>が小幅ながら切り返している。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均