市場ニュース

戻る
2016年02月05日10時36分

【材料】野村、大和証Gはじめ証券株が売られる、マイナス金利“往って来い”相場で失望売り

野村 【日足】
多機能チャートへ
野村 【日中足】

 野村ホールディングス<8604>、大和証券グループ本社<8601>などをはじめ証券株が軒並み安。きょうはマイナス金利が収益の重い足かせとなり銀行セクターよりも証券セクターの下げの方がきつくなっている。29日の日銀金融政策決定会合でビッグサプライズとなったマイナス金利導入でいったん株式市場は蘇ったにみえたが、今週に入り円高などを背景に下落、日経平均はマイナス金利導入前の水準を下回る状況となった。証券株は株式市場の活性化で最も恩恵を受けやすいセクターだけに、ここ数日の株価動向を横目に失望売りの対象となっている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均