市場ニュース

戻る
2016年02月05日10時07分

【材料】三菱UFJ、三井住友などメガバンクの下げ続く、マイナス金利の呪縛ほどけず

三菱UFJ 【日足】
多機能チャートへ
三菱UFJ 【日中足】

 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>、三井住友フィナンシャルグループ<8316>、みずほフィナンシャルグループ<8411>などメガバンクが軟調。日銀によるマイナス金利導入で下値模索の展開が続いている。前日には売られ過ぎとみた押し目買いも観測されたが、依然として売り圧力が強く浮上の兆しがつかめていない。

 市場関係者の間では「マイナス金利導入により国内の収益基盤がむしばまれるほか、海外も規制強化で身動きが取れなくなっているうえ、一部新興国融資の焦げ付きなどが欧州系銀行に指摘されており、リカバリーが難しい環境。マイナス金利はマクロ加算残高を超える10兆円規模にとどまるとはいえ、後戻りの利かない政策。国内債券市場では空前の金利低下で運用不能といってもよい状況であり、大手銀行にとって買える材料が見当たらない」(国内ネット証券大手)と指摘されている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均