市場ニュース

戻る
2016年02月05日07時57分

【市況】伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (2月5日記)

日経平均株価の日足チャート 「株探」多機能チャートより

 日経平均株価は、今後の価格が2万1000円を目指す動きになる場合、4月上旬頃に2万円を超えていると考えられます。

 だとすれば、あと40~50営業日程度で3000円幅以上を上げる展開になります。40営業日なら1日、75円幅の速度、50営業日なら、1日、60円幅の速度での上昇ということになります。

 これからは、この速度を基準にして、残りの期間と目先の上げ幅を考えていきます。上げの速度が遅くなれば、2万1000円へ到達できないという見方が有力になりますが、現時点では到達すると考えています。

 最近の下げ幅が大きかったので、本日は上げ幅の大きな動きになる可能性があります。寄り付きでの一段安の後、すぐに上昇を開始するかに注目します。

情報提供:パワートレンド=伊藤智洋のPower Trend

【伊藤智洋 プロフィール】
1996年に投資情報サービス設立。メールマガジン、株価、商品、為替の市況をネット上で配信中。最新刊「株の値動きは4回のうち3回当てられる」(KADOKAWA)を1月15日に上梓。

株探ニュース

日経平均