市場ニュース

戻る
2016年02月04日14時11分

【市況】国内大手証券、「普通預金、企業から手数料」はメガバンクだけではなく地銀にもポジティブとの見解

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券の銀行業界のリポートでは、「普通預金、企業から手数料」との報道を受け、事実なら大手銀行株を中心にポジティブと指摘。実現した場合、「マイナス金利による減益影響の全てをカバーできるとは思わない」としながらも、マイナス金利による銀行の利ザヤ縮小と収益悪化が際限なく進むとの懸念は軽減するとの見方で、大企業には手元流動性を預金ではなく、設備投資や賃金引上げに振り向けることを促す効果も間接的に期待できると解説。

 メガバンクだけでなく銀行全体に口座手数料導入の動きが広がれば、地方銀行にもポジティブな動きと評価している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均