市場ニュース

戻る
2016年02月04日11時53分

【材料】富士通は6日続落、三菱UFJMS証は「ニュートラル」に引き下げ

富士通 【日足】
多機能チャートへ
富士通 【日中足】

 富士通<6702>は6日続落し昨年来安値を更新。株価は、1ドル=117円台への円高進行や先月29日に16年3月期業績予想を減額修正したことなどが懸念視されている。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は3日、同社株のレーティングを「オーバーウエート」から「ニュートラル」に引き下げた。目標株価は680円から530円に見直した。

 「構造改革への取り組みが想定以上に遅く、来期以降の損益改善効果への期待が低下したこと」や「ネットワークプロダクトの構造改革の前提は甘く、その他の構造改革も同様に甘い前提に立っている可能性があること」、「半導体事業に業績リスクが出ていること」などをレーティング引き下げの要因としている。これらの点を考慮し、同証券では16年3月期以降の業績予想を減額修正している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均