市場ニュース

戻る
2016年02月04日09時49分

【為替】東京為替:ドル・円は117円88銭近辺で軟調推移も東京株反転への期待残る


ドル・円は117円88銭近辺で推移。日経平均株価は164円安で推移しているが、日中における株価反転への期待は残されている。リスク回避的なドル売り・円買いが拡大するとの見方は少ないようだ。ただし、中国本土株が下げた場合、ドル反発は難しくなるとの声が聞かれている。ここまでのドル・円は117円89銭から118円24銭で推移。

ユーロ・ドルはもみあい、1.1077ドルから1.1117ドルで推移。

ユーロ・円は下げ渋り、130円74銭から131円10銭で推移。

■今後のポイント
・東京株反転への期待残る
・117円50銭近辺で個人勢などのドル買い興味

・NY原油先物(時間外取引):高値32.78ドル 安値32.37ドル 直近値32.44ドル

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均