市場ニュース

戻る
2016年02月03日18時48分

【テク】日経平均テクニカル:大幅続落、踏ん張りをみせておきたいところ


3日の日経平均は大幅続落。支持線として意識されていた25日線のほか、ゴールデンクロスが意識されていた5日線をあっさり割り込んでしまっている。ボリンジャーバンドでは中心値(25日)と-1σとのレンジに移行しており、16800円辺りが意識されてくる。パラボリック、MACDなどは陽転シグナルが継続している。週間形状では長い陰線となるが、この水準で踏ん張りをみせられると、1/21安値をボトムとした下値切り上げの形状は維持される。週足の一目均衡表では雲を割り込んでしまっているが、いったんは跳ね返されるところであり、ボトム形成後の仕切り直しを見極めたいところ。17000-17200円辺りが比較的出来高が膨れている価格帯であるため、この辺りでの踏ん張りをみせておきたいところ。これを割り込んでくるようだと、真空地帯である16500円処を一気に割り込んでくる可能性がある。一方でマドを空けて25日線を回復してくるようだと、下にアイランド・リバーサル形状を残し、本日の下げがダマシとなる可能性は残る。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均