市場ニュース

戻る
2016年02月03日12時46分

【市況】日経平均は619円安で後場スタート、前引け値から下げ幅を拡大/後場の寄り付き概況


日経平均 : 17131.38 (-619.30)
TOPIX  : 1401.03 (-51.01)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値から下げ幅を広げて始まった。ランチタイムの225先物は17100円台半ばでの推移だったが、後場寄りつきが近づくに連れて17100円台前半までやや下げ幅を広げていた。昼のバスケットは買い越しとの観測。

 セクターでは全33業種が下落。下げ幅が大きいのは証券、鉄鋼、機械、輸送用機器、非鉄金属などで、下落率は5%を超えている。一方、石油・石炭、陸運、小売、パルプ・紙、情報・通信は1%台前半の下落率。

 売買代金上位では、ほぼ全面安のなかNTT<9432>、NTTドコモ<9437>、アンジェス<4563>がプラス圏で推移。一方、野村<8604>、カシオ<6952>の下落が目立つほか、ソフトバンクグ<9984>、ファーストリテ<9983>、マツダ<7261>、三菱商事<8058>などがさえない。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均