市場ニュース

戻る
2016年02月02日14時30分

【市況】国内大手証券、日経平均上昇再開の可能性は低いとの見解、1万7850~1万8220円処が戻りメド

 SMBC日興証券のテクニカル分析では、日経平均とドル・円は、既に昨年8~9月の短期底を割り込んでいることや海外株式市場も調整が継続中とみられることから、このまま上昇が再開する可能性は低いと指摘。足元のリバウンドが一時的なもので終了すると一段のダメ押しに向かう可能性が高まるとみて、「反騰一巡後の調整再開に備えたい」と解説。

 日経平均は1万7850~1万8220円処が当面の戻りの壁とみて、この水準で頭打ちとなるようだと、1万5600円処、1万5200円処、1万4500円処まで押し戻される可能性があると予想している。
《MK》

株探ニュース




日経平均