市場ニュース

戻る
2016年02月02日14時25分

【市況】14時25分時点の日経平均は133円安、メガバンク3行は上げ幅を縮める


14時25分時点の日経平均は前日比133.07円安の17732.16円。後場下げ幅拡大後は、17700-17800円のレンジ内での値動きとなっている。時間外の原油先物のさえない動きも重しに。

売買代金上位銘柄では、前場切り返しを見せていた三菱UFJ<8306>、みずほ<8411>、三井住友<8316>のメガバンク3行がじりじりと上げ幅を縮めている。一方、第3四半期決算が市場予想を上回った三菱電<6503>が後場切り返したほか、同じく第3四半期決算を発表したニチレイ<2871>が急伸。ほか、東電力<9501>、小野薬<4528>がしっかり。

(先物OPアナリスト 篠田悠介)

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均