市場ニュース

戻る
2016年02月02日13時21分

【材料】日新製糖が後場一段高、株式分割や株主優待制度の導入など株主還元策を好感

日新製糖 【日足】
多機能チャートへ
日新製糖 【日中足】

 日新製糖<2117>が後場一段高。午後1時ごろに、2月29日を基準日として1対3株の株式分割を実施すると発表。また同時に、17年3月期から配当方針を期末配当の年1回から、中間配当を行い年2回にするとしたほか、株主優待制度を導入し、毎年3月末時点の100株(1単元)以上保有の株主に対して、3年未満保有で1000円相当の自社製品を、3年以上で2000円相当の自社製品を贈呈するとあわせて発表しており、これら株主還元策も好感されているようだ。

 なお、同時に発表した第3四半期累計(15年4~12月)連結決算は、売上高389億400万円(前年同期比1.1%増)、営業利益26億7800万円(同6.1%増)だった。16年3月期通期業績予想は、売上高500億円(前期比0.5%増)、営業利益30億円(同5.5%増)の従来予想を据え置いている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均