市場ニュース

戻る
2016年02月02日09時23分

【経済】中国株式市場:外資の流入が再び、A株の値ごろ感で


中国本土A株の値ごろ感を受け、外資が再びA株買いを進めていると報じられている。香港の人民元域内証券投資(RQFII)を扱う最大手はこのほど、大口注文を出したほか、滬港通(上海と香港の株式市場相互乗り入れ制度)を通じた資金の流入も目立っている。

証券関係者は、A株が2008年(世界同時不況の発生)以来の安値水準で推移しており、値ごろ感が強いと指摘。外資の流入が加速すれば、1-3月期の反発を見込めるとのポジティブな見方を示した。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均