市場ニュース

戻る
2016年02月02日09時04分

【材料】精養軒と東天紅がともにカイ気配スタート、上野のパンダに赤ちゃん誕生への期待高まる

精養軒 【日足】
多機能チャートへ
精養軒 【日中足】

 精養軒<9734>と東天紅<8181>がともにカイ気配スタートとなっている。上野動物園が1日、飼育しているジャイアントパンダのオスのリーリーとメスのシンシンに発情の兆候が見られ始めたと発表しており、妊娠・赤ちゃんパンダの誕生となれば来園者・観光客の増加で恩恵を受ける両社に買いが入っている。12年7月には、赤ちゃんパンダの誕生で両銘柄ともストップ高まで買われる場面があっただけに、今回も思惑が強まっているようだ。

 なお、上野動物園ではそれぞれの飼育室の間の目隠しシートを撤去し、今後、より強い兆候が確認されれば同居させる予定。また、自然交配に至らなければ人工授精を検討するとしている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均