市場ニュース

戻る
2016年02月01日13時59分

【材料】【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家株マニア氏:マイナス金利って何?

東武住販 【日足】
多機能チャートへ
東武住販 【日中足】


以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家株マニア氏(ブログ「株マニア」を運営)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2015年1月30日18時に執筆

1月29日に日銀が初めてのマイナス金利という新たな金融緩和策を発表しました。
据え置きであればだいたいお昼の12時頃には発表されるのですが、この日は12時半になっても発表が無かったので、もしかしたらと見ていたら12時38分にマイナス金利の発表があり為替も株価も大きく動きました。
ひさしぶりに動きを見ていてテンションが上がったとか興奮したという方も少なくないと思います。

ただ、私自身は、過去の記事やブログを見てくださっている方はご存知かと思いますが、長期的観点からあまり金融緩和はしてほしくないという考え方でした。
確かに投資をする人間として株高や円安はとてもうれしいことではあるのですが、長期的に大丈夫なのかという気持ちは拭えないので複雑な気持ちで動きを見ていました。

マイナス金利については私もあまりなじみが無いというか聞きなれない言葉であったので、その夜のニュースなどを見たりしました。
理解することはできるのですが、ちょっと実感が湧かないというか、このような政策が実際に行われるのかというちょっと非現実的な話のように聞こえました。
発表直後に乱高下をしたように、市場でもマイナス金利の効果について半信半疑なところもあるようなので、今後の動きにも注意が必要で、手放しでは喜べなさそうです。

この政策については、もっと時間をかけて市場の動きを見ながら効果や副作用について見ていく必要がありそうです。
それを見極めてから新たに銘柄を決めても遅くは無いと思います。

その中で私の所有株の中で今回もひとつ紹介したいと思います

東武住販<3297>
山口県、福岡県を中心に中古物件の買取・再販を主な事業としています。
近年は広島県などにも進出して業務拡大にも積極的で業績も最高益、増配が続いています。
業態が地味でありますがその分PERなど指標は割安。
また今回のマイナス金利で注目が出てきている不動産業で、他の不動産銘柄と比べてあまり上昇していない点も良く(29日終値1564円前日比約3.8%高)
今後期待ができるのではないでしょうか。

----

執筆者名:株マニア
ブログ名:株マニア

《NO》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均