市場ニュース

戻る
2016年02月01日13時31分

【市況】13時30分時点の日経平均は312円高、17800円前後で堅調な値動き


13時30分時点の日経平均は先週末比312.25円高の17830.55円。後場は、17800円前後での堅調な値動きが続いている。時間外の原油先物や上海総合指数が下落しているが、日本株への影響は限定的。日経平均を受けて、マザーズ指数やジャスダック平均も堅調に推移。

業種別では引き続き銀行が7.0%安と下落している一方、その他金融が6.6%高と強い。売買代金上位30銘柄は買い優勢で、ソニー<6758>、村田製<6981>、NTTドコモ<9437>、資生堂<4911>が強い。一方、三菱UFJ<8306>、みずほ<8411>、三井住友<8316>のメガバンク3行は6%超の下落。

(先物OPアナリスト 篠田悠介)

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均