市場ニュース

戻る
2016年02月01日13時09分

【材料】ゆうちょ銀行が上場来安値更新、マイナス金利導入による悪影響大きいとの見方

ゆうちょ銀 【日足】
多機能チャートへ
ゆうちょ銀 【日中足】

 ゆうちょ銀行<7182>が続落し、1月21日につけた上場来安値1405円を割り込んでいる。前週末に続いて、日銀がマイナス金利導入を決めたことが売り材料視されている。特に同社では、貸し出しが少なく、貯金の大半を有価証券で運用していることから、他社に比べて収益悪化への影響が大きいとの見方が強いようだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均