市場ニュース

戻る
2016年02月01日12時53分

【市況】日経平均は315円高で後場スタート、今日の高値を更新もやや上げ幅縮める/後場の寄り付き概況


日経平均 : 17833.33 (+315.03)
TOPIX  : 1462.32 (+30.25)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値と変わらず水準で始まり、きょうこれまでの高値を更新しているが、その後はやや上げ幅を縮めている。ランチタイムの225先物は17840-17880円での高値もち合いが続いていたが、現物の後場寄り付き後は17750円まで上げ幅を縮めている。昼のバスケットは買い越しとの観測。

 セクターはその他金融、情報通信、不動産、電機機器、証券などが上昇率上位に。一方で、銀行の下落率が7%を超えてきている。東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が1500を超えており、全体の8割を占めている。売買代金上位では、メガバンク3行のほか、第一生命<8750>の弱さが目立つ。一方で、ソニー<6758>、村田製<6981>、三井不<8801>、NTTドコモ<9437>、オリックス<8591>が堅調。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均