市場ニュース

戻る
2016年02月01日07時28分

【市況】NY原油先物週間見通し:上昇か、オプション需給による上へのトレンドに期待


■NY原油先物
安値:29.25ドル
高値:34.82ドル
終値:33.62ドル
前週末比(騰落率):4.44%

■上昇、OPEC減産協議への期待

上昇。イラン輸出再開による先安感がある中で1バレル30ドル近辺での底堅さをみせるなか、サウジアラビアとロシアが原油減産反対の姿勢を軟化させているとの報道等も伝わり、リバウンド基調が強まった。2月にも石油輸出国機構(OPEC)や他の主要産油国との会合で減産を協議する可能性も伝わり、4日続伸となった。


■上昇か、オプション需給による上へのトレンドに期待

想定レンジ:30.00~38.00ドル

上昇か。イランが協調減産に加わらない意向を示しているが、想定されていることであり、現在のリバウンド基調は継続するとみられる。ロシアと石油輸出国機構(OPEC)の協議が実現するようだと、先物市場では20-25ドル台でのプットオプションが積み上がっており、ヘッジに伴う指数の押上げが起きる可能性もある。

《TN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均