市場ニュース

戻る
2016年01月29日18時05分

【材料】【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家TOSHI氏:マイナス金利導入

n 【日足】
多機能チャートへ
n 【日中足】


以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家TOSHI氏(ブログ「投資で常勝してお金に困らない生活」を運営)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2015年1月29日14時に執筆

日銀はマイナス金利に踏み切りました。

正直、マイナス金利を決定するとは意外でした。
先週コメントしたかと思いますが、示唆程度かと思っていたのでサプライズかと思います。

株価は乱高下で買い戻しもあったと思われますが、しっかり見直されれば決して悪い材料ではありません。

私は「銀行を助けることはない」と昔からコメントしてきました。
0.1%の金利が付いていたので、銀行は余分な資金を日銀に預けるのです。
この金利の存在が、市場に資金が回らない原因でもありました。

株価は銀行が売られ、不動産が買われる反応をしています。
正常な反応かと思います。
銀行ももう少しリスクのある貸し出しを増やしてもらいたいものです。

黒田総裁はマイナス金利には懐疑的な発言をしてきましたが、ここにきてカードを切ってきました。
日本は欧州とは違いますが、上手くマイナス金利が機能するように、改善も含めてやっていってもらいたいと思います。

ここで緩和ができず今後何もできない出尽くし感があるような感じですが、決してそうではないと思います。

緩和はやろうと思えば地方債でも社債でも広げればいいことです。
さすがにそこまでいけば打ち止めですが。
国債増額はもう無理があるのは明白です。
今回の材料は海外でしっかりサプライズとして受け止められると思います。

相場の方は、今週は乱高下と示唆しましたが、来週は落ち着きの週になるのではないかと思います。

NY市場では企業決算が落ち着き、中国では個人の売りも春節前の売りも終えます。原油も下げより上げに反応していますし、裁定買い残などの需要も落ち着きを見せています。このことから、来週はボラティリティ(価格の変動幅)が下がる週になると予想し ます。

来週は、反騰に向けた足踏みになるのか見ていくことになります。

個別銘柄の相場は年末年始からのフィンテック関連、自動運転関連から、底打ちを経て新興株がいい物色をされてきました。
今週はAR関連から5G関連へと、いい材料株相場となりました。
先取りする相場が続きます。
個人的には今年は中小型株の相場と予想しておりますが、その様相は今後も変わらずかな、と見ております。
2004年型の相場展開かなと感じています。
日経平均は足踏みでもいいのです。
マザーズ市場が活況になると、個人投資家が元気になります。
それから、日経平均が再度上がる相場展開が望ましいです。

来週は中国の春節が近づいているので、再度インバウンドに目がいくかなと感じております。
不動産も物色が続くかもしれませんので見ていきましょう。
まだ、ザラバ中ですが、いい動きになってきたと感じています。
引き続き、指数より、個別材料株に注目したいです。

----

執筆者名:TOSHI
ブログ名:投資で常勝してお金に困らない生活

《NO》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均