市場ニュース

戻る
2016年01月29日13時45分

【市況】日銀、「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」のポイント


日本銀行は、29日の政策委員会・金融政策決定会合において、「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」を導入することを決定した。2%の「物価安定の目標」をできるだけ早期に実現するため、今後は「量」・「質」・「金利」の3つの次元で緩和手段を駆使して、金融緩和を進めるとしている。

■「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」を導入

・日銀当座預金に-0.1%のマイナス金利を適用。今後必要な場合さらに金利を引き下げる。
・欧州(スイスなど)で採用されている階層構造方式とした。具体的には3つの階層毎に、プラス・ゼロ・マイナス金利とする。

■「量」・「質」に「マイナス金利」を加えた3つの次元で追加緩和が可能なスキーム

・イールドカーブの起点を引き下げ、大規模な長期国債買入れとあわせて、金利全般により強い下押し圧力を加えていく。
・3つの次元の緩和手段を駆使して、2%の早期実現を図る。

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均