市場ニュース

戻る
2016年01月29日10時09分

【材料】日立マクセルが4日続落、16年3月期純利益40億円への下方修正を嫌気

日立マクセル 【日足】
多機能チャートへ
日立マクセル 【日中足】

 日立マクセル<6810>が4日続落。株価は一時、前日比143円安の1718円まで売られている。

 同社は4日の取引終了後、16年3月期の連結業績予想の修正を発表。売上高は1570億円(同0.6%増)、営業利益は65億円(同25.2%増)と従来予想を据え置いたが、純利益を48億円から40億円(前期比41.3%減)へ下方修正、これを嫌気した。

 中国の連結子会社が中国税務当局より移転価格税制に基づく更正通知を受領し、関連する税金費用などを計上したことが要因。同社では二重課税を排除するための日中租税条約の規定に基づく相互協議申し立てを検討している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均