市場ニュース

戻る
2016年01月29日09時23分

【材料】エクストリームがS高、中国有力ゲームパブリッシャーとライセンス許諾契約を締結

エクストリム 【日足】
多機能チャートへ
エクストリム 【日中足】

 エクストリーム<6033>が朝方から買いを集めストップ高の1755円まで買われている。28日の取引終了後、アジア圏における有力ゲームパブリッシャーである天津紫龍奇点互動娯楽(北京市、以下紫龍)との間で、エクストリームが商標権を保有する「ラングリッサー」に関するライセンス許諾契約を締結したと発表しており、業績への貢献を期待した買いが入っている。

 「ラングリッサー」は、家庭用ゲームソフトとしてシリーズ累計100万本超の販売を記録した人気シミュレーションRPG。今回の契約は、紫龍に対して中国本土をはじめ香港・台湾・マカオ・韓国・タイ・ベトナム・インドネシア・マレーシア・シンガポール・アメリカ・カナダ地域でのスマートフォン向けゲームアプリを許諾するというもの。エクストリームでは、海外ライセンス事業を収益源の一つに育成することを目指しており、今後も自社IP(知的財産)を海外向けに積極的にライセンス展開していくとしており、今後の成長期待も強まっているようだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均