市場ニュース

戻る
2016年01月28日14時48分

【材料】アキュセラが6連騰で新高値、バイオ関連株再評価の流れに乗る

アキュセラ 【日足】
多機能チャートへ
アキュセラ 【日中足】

 アキュセラ<4589>が6日続伸。株価は一時、前日比197円(14.7%)高の1540円まで買われ昨年来高値を更新した。依然、全般相場に不透明感が強まるなか、外部環境に左右されにくいバイオ関連株を再評価する動きが強まっている。特に、27日の米国市場で米国のバイオ大手、バイオジェン・アイデックが急伸したことも、連想買いを誘っているようだ。

  同社は、眼疾患の「加齢黄斑変性」に対する治療薬「エミクススタト」の開発を進めている。加齢黄斑変性は、米国では50歳以上の失明の原因でトップの病気であり、同社はこの疾患に対する世界初の飲み薬の開発を進めている。現在、米国で臨床2b/3相試験が行われているが、今年6月頃に発表されるトップライン・データーの結果が良好なら新薬の上市に向けて大きく前進するとみられている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均