市場ニュース

戻る
2016年01月28日11時54分

【材料】アルプス電気が大幅続落、業績下方修正をネガティブ視、目標株価引き下げの動き

アルプス 【日足】
多機能チャートへ
アルプス 【日中足】

 アルプス電気<6770>が大幅に3日続落。前引け時点で東証1部市場の下落率ランキング3位となっている。下落率ランキング上位には、日本航空電子<6807>やアルパイン<6816>、太陽誘電<6976>、TDK<6762>など電子部品関連株が目立つ。

 SMBC日興証券では、アナリストによるアルプス電気の業績予想を下方修正し、目標株価を3500円から3000円に引き下げ、レーティングは「1」を継続するとのリポートをリリースしたことが確認されている。アナリストは「業績下方修正はネガティブだが、新製品期待は変わらず」とリポートで紹介。新製品のための部品増産投資は計画通りと解説している。

 Apple関連では村田製作所<6981>が先だって株価下落していたが、今日は最後の砦のような存在だったアルプス電気の業績下方修正がネガティブ視され、電子部品関連株に売りが波及しているようだ。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均