市場ニュース

戻る
2016年01月28日09時26分

【経済】(中国)人民銀:旧正月前の追加金融緩和公算小、資金の大量供給で


中国人民銀行(中央銀行)が旧正月(2月8日)前に預金準備率の引き下げなど追加の金融緩和に踏み切る可能性が低いとの見方が優勢になっている。人民銀は直近2週で一連の金融ツールを通じて約2兆元(約36兆円)の流動性を市場に供給していたことが背景にある。

人民銀のチーフエコノミスト馬駿氏は、人民銀が約6000億元に上る中期の流動性を供給したことについて、旧正月前の資金需要の増加に対応するためだと分析した。短期と合わせて直近2週の流動性供給額は約2兆元に上ると指摘。これ以上の流動性を追加した場合、短期金利の低下圧力を強めるため、資金の流動や為替レートの安定推移を阻害する可能性があると強調した。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均