市場ニュース

戻る
2016年01月28日09時08分

【材料】アドバンテストがカイ気配、第3四半期最終6割減益も出尽くし感から買い戻し

アドテスト 【日足】
多機能チャートへ
アドテスト 【日中足】

 アドバンテスト<6857>がカイ気配スタートとなった。同社が27日取引終了後に発表した第3四半期累計(15年4~12月)の連結決算は売上高1166億4800万円(前年同期比2.7%減)、営業利益61億6200万円(同37.2%減)、最終利益36億2400万円(同60.8%減)だった。中国でのスマートフォン需要が鈍化していることを背景に、半導体テスターの販売が低調で収益を押し下げた。

 ただ、足もとの業績低迷は株価に織り込み済みで、16年3月期の連結業績予想については、売上高1600億円(同2.0%減)、最終利益67億円(同48.3%減)で据え置いたほか、営業利益を100億円から105億円(前期比28.2%減)予想に小幅増額したこともあって、空売り筋の買い戻しを誘発した。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均